転職相談のコツ

ポイントを押さえた転職相談

ポイント志望業界or志望職種に詳しい人に相談する

転職前と転職後のイメージのギャップに悩む人が多いです。
このギャップは、会社案内や財務諸表からは分かりません。
志望先企業の取引先や業界全体に詳しい人にアプローチする手段を探しましょう。

ポイント独りよがりの応募書類と決別する

基本的に履歴書・職務経歴書は、自分ひとりで検討し作成するもの。。。
ただし、第3者の視点は非常に重要です。
志望先企業の担当者が、あなたの応募書類をみた時の反応をリアルにイメージする事。
ベストな状態は、志望先企業へ提出する前に、第3者からのアドバイスをもらえることです。

ポイント利用できるものは積極的に使う!!

あなたの人生の大部分を占める仕事を変更するのですから、慎重に選択すべきです。
良質な情報源の確保は必至!!
情報を確保する為にも、転職エージェントを利用するのは価値があります。

人気転職サイトランキング

転職支援サイト 特徴
1位 typeの転職エージェント (株)キャリアデザインセンターが運営するtype。
取扱い求人は関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)のみ。
特徴は営業・マーケ・経理・人事・エンジニア系の転職相談が得意。
年収アップ交渉・異業種への転職・未経験からの挑戦といった要望にも、熱く応えてくれる転職エージェントです。
3位 パソナキャリア 平日は夜21時まで、土曜日も18時まで転職カウンセリングを実施しているパソナキャリア。
忙しくて転職活動をする余裕のないビジネスパーソンに変わり、専任の転職コンサルタントが企業への推薦や勤務条件の交渉を一手に引き受けてくれます。
優秀な転職コンサルタントを利用して、転職活動を進めたい人にお勧めです。
2位 マイナビエージェント 「マイナビ」ブランドで有名なマイナビグループの総合転職エージェント会社です。
ココの特徴はテーマ別の転職相談会の実施や、面接対策等きめ細かいフォロー体制を確立している点です。
また、非常に好条件な求人情報は、マイナビエージェント登録者のみに情報開示されるので、外せない一社です。
4位 リクルートエージェント 転職実績でNo1の実績のあるリクルートエージェント。
ココの特徴は転職支援ツールが充実している事。
例えば求人情報・業界分析・社風がまとめられている「AGENT Report」の閲覧・職務経歴書作成ツール「レジュメnavi」等を利用して、その情報を保管管理するあなた専用のページを持つ事が可能です。
5位 JACリクルートメント 「高収入」「外資系」「海外勤務」に強いエージェントです。
ハイクラスな転職を目指すならば、一般的な転職紹介会社+JACリクルートメントにも登録をしておくのがベストな選択。
既に自分のキャリア志向が明確でステップアップを目指す人に最適です。
6位 DODA 株式会社インテリジェンスが運営するDODA。
ここの人気コンテンツは、あなたのキャリアから予想できる適正年収をシステムで算出してくれる「年収査定サービス」や、あなたの思考や行動パターンから適職診断をしてくれる「キャリアタイプ診断サービス」です。
登録しておけば、最新の転職情報を入手可能です。

第二新卒の転職相談

第二新卒の転職

25・26歳ぐらいまでの第二新卒が転職する時に気をつけるポイント。
企業採用者は、第二新卒の事を『未経験者』と思っています。
たとえ、大学を卒業して2-3年のキャリアがあっても『未経験者』と見ています。
一生懸命働いてきた本人からすると、少々納得いかないですが、そこは開き直りましょう。

これを逆手にとれば、25・26歳くらいまでは、業種も職種も絞る必要ないのです。
今働いている業界全体が停滞気味である。。。
仕事の内容に興味を持てない。。。
そのように感じているのであれば、思い切って業種も職種も変更してしまいましょう!!

企業側が『未経験者』=『第二新卒』を採用する時に重視する事。
1位 意欲
2位 人柄
3位 ポテンシャル
4位 職務適正
5位 専門知識
以上のような順番で判断をします。

つまりは、『やる気!!』があれば、チャンスは無限なわけです。
「やる気!!」をアピールするには、 『あなたが今取り組んでいる事』を志望先企業に伝えましょう!!
そうすれば、かならずいい結果が出ることでしょう。
詳しくは、第2新卒の求人&転職活動を徹底解説ページへ

あと、やりがいを求めてベンチャー企業への転職を考えているという相談を受ける事も多くなってきました。
ただ話を聞いていると「少し甘いな~」と感じる部分が多々ある。
浮ついた心だけでは失敗するので、次のコーナーも参考にしてみてください。
大企業から中小企業への転職ってどうなの? 給料減るけど仕事は楽しいって本当?

このページの先頭へ